会社方針

会社方針

 弊社は、企業、団体、一般の人を対象としてリスクマネジメントを主としたセミナー、コンサルタント、教育、訓練、技術支援を行うことを目的とします。分かりやすい内容で、リスクマネジメントに対する能力を身に着けることを支援します。また、原子力に関する技術支援も行います。


代表社員メッセージ



 リスクマネジメントの基本は、未然防止、早期発見、拡大防止、再発防止です。リスクマネジメントの適用は、設計、施工、運用、保全、解役等、幅広い分野にわたっております。具体的な分野としては、機械(製造、原子力等)、環境(農薬、産業廃棄物、人工物等)、医療(診断、治療法選択、Informed Consent等)、行政(薬害エイズ、BSE等)、経営判断(対顧客、対行政、Country Risk等 )があります。
 今回の新型コロナウイルス感染症の問題で、国、自治体、個人のリスクマネジメントが適切に行われたどうか、疑問が出されました。また、そのほか、今までの多くの事故、事件においてリスクマネジメントが根本的な問題だった事例が数多く出されています。将来的に、リスクマネジメントへの関心、必要性がますます大きくなっていくことが考えられます。
 弊社は、オンラインを中心に、
企業、一般の人を対象として、リスクマネジメントに関する分かりやすい内容のセミナー等によりリスクマネジメントに対する理解、判断、対応の能力を身に着けることを支援していきます。また、原子力に関する設計、評価、解析も行います。よろしくお願いします。
       
                                   若林利男


代表社員の略歴
1973年 東北大学大学院工学研究科原子核工学専攻修士課程修了。
1985
年 工学博士(東北大学)。
1973年 動力炉・核燃料開発事業団大洗工学センター研究員、プラント工学室 担当役、炉心技術開発室長等を経て、2001年核燃料サイクル開発機構国際・核物質管理部長。
2003年 日本原子力研究所国際協力室長。
2005
4月 東北大学大学院工学研究科教授。
2012
3月 定年退職、東北大学名誉教授。
20126月より20183月まで東北大学特任(客員)教授。
2017年6月よりTWY合同会社を立ち上げ、代表社員。
専門分野は、リスクマネジメント、原子炉物理、原子炉の炉心設計・安全性評価、放射性核種の分離核変換、燃料サイクル等である。平成21年から日本原子力学会国際活動委員会委員を務める。また、主な社会活動分野では、OECDNuclear Energy Agency, Nuclear Energy Agency Reactor Physics Committee委員、原子力安全委員会原子炉安全専門審査会委員、原子力安全基盤機構原子力安全研究評価委員会委員を務めた。また、宮城県の女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会の座長を務めた。